取り付けをどうしよう、困った

取り付けをどうしよう、困った

取り付けをどうしよう、困った

水のトラブル

最近の一般的な新築の住まいですと、ほぼ全ての住居のトイレにウォシュレットが最初からついているのではないでしょうか。トイレは1階と2階と2つ設置するのが今では一般的ですが、1階だけウォシュレットが付いていて、2階は取付工事を行っていないという方も結構多くいらっしゃいます。そんな方の多くが寝室や子供部屋が2階で、夜トイレに行ったとき、また体調をくずされた時などに「ウォシュレットを2階にも付けておけばよかった!」と後悔されると聞いています。水道屋 水のトラブル業者はしっかり選びましょう。また、はやりのリフォームも同様で、2階にあらたにトイレを設置すると言う方が多くいらっしゃいますが、やはり1階だけで2階は設置をしない場合もあり、後で後悔されるようです。そんな方や、家電量販店などで機器購入後、「取り付けをどうしよう、困った」という方は、数多くの取り付け実績のある当社へ迷わずご連絡ください。配管から電源工事まで、しっかりと作業させていただきます。できる限り迅速にご対応いたしますので、安心してご連絡ください。

通常の場合設置工事は1時間弱です

水栓の元栓を閉めて、古い止水栓を外し、タンクと水栓の下部にフラッシュバルブ式フレキシブル管の分岐金具を取り付けます。ユニットの給水パイプと分岐金具を取り付けて、ユニットの電源プラグをコンセントに挿します。水漏れと動作確認をして設置完了です。通常の場合設置工事は1時間弱です。

設置できるユニット

ユニット取り付け工事では、まず取り付けられる便器かを確認して、設置できるユニットを選んでもらい、見積もりを出します。見積もりに納得してくれたら、工事日程を決めます。取付方法は、洋式便器にユニット取り付けの設置器具を付けるためにドリルでネジ穴を開けて、器具を付けます。

まだ使える便座を捨てるのは勿体ない

トイレの便座ごと交換する方法もありますが、便器代金も掛かりますし、まだ使える便座を捨てるのは勿体ないので、ウォシュレットの上部ユニットだけを取り付ける方法をおすすめします。

トイレットペーパーを使わずに

築年数の古いマンションや一戸建ての中古物件を購入した場合には、ウォシュレットが付いてない様式便器の場合も多いです。男女限らず痔持ちの方は、トイレットペーパーを使わずにウォシュレットを使いたくなります。